失敗しないソファー選び 使い方別おすすめ3タイプ

失敗しないソファー選び一言でソファーと言っても大きく3つのタイプがあり、どちらのタイプがあなたの家の生活スタイルに合っているか、あるいは好みか、によって選ぶ基準も変わってきます。

① きちんと座りたい「掛け心地タイプ」きちんと座るソファー
ソファーで映画鑑賞。休日のささやかな楽しいひと時。
でも、最後まで腰やお尻が痛くならず観れますか?
本当に心地いいソファーは長時間座っても疲れません。

“疲れない座り”を実現するための秘密は人間工学にもとづき作られた、体圧分散性に優れる独自のクッション。
これを用いることで疲れの原因になる体への負担を軽減。

男性でもゆったり癒される絶妙な背モタレ高と包まれ感がこのソファー最大の特長。
まずはお店で座って体感してみてください。


②リラックスして座りたい「ゆったりタイプ」
ゆったり座るソファー日本人はもともと床に座る習慣があります。
あぐら、正座、体育座り、立膝…
知らず知らずにこの姿勢をソファーに求めようとするには座面の奥行きが必要になってくるんです。
 

リラックスした自由な座り方が好きな方には座面の奥行きが深いタイプがオススメ。
一般的ソファーより深い奥行きがもたらす“寝そべる”贅沢さ。

カウチ部分は外してオットマンとしても使えるので、来客時には身内用として使うこともできます。

③畳リビングに「ナチュラル・ロータイプ」

畳コーナーのあるリビングや和室にもピッタリな、床に近い暮らしのロータイプは
お部屋に圧迫感を与えず広さを演出してくれます。

リビングがあまり広くない場合にもオススメです。