やさしい気持ちにしてくれるアート・ギャッベ


あなたの人生を心豊かに、やさしい気持ちにしてくれるアートギャッベ

そう言われる絨毯って、いったいどんな絨毯なん?!

あるお客様からこんな言葉をいただきました。
「この絨毯、織っとる人らって遊牧民ねんねぇ…。そんな人らやから“家庭円満”とか“健康”とかっていう素朴な“幸せ”を願って織っとるんやね♪そんな“願い”を込めて織ったギャッベやから、使う人を元気にしてくれたり癒してくれたりするんやね♪

そうなんです。 遊牧民カシュガイ族の女性たちが素朴な“幸せ”への願いを柄のモチーフとして感性そのままに一枚一枚、手仕事で心を込めて織り上げてるからなんです。
そして、デザインも一般的によく見られる伝統的な絨毯の柄とは違い、シンプルでかわいらしいものも多く、また科学染料とは違い、草木染めで染められてるのでその色合いもなんともやさしい色なんです♪
だから、見ているだけでやさしい気持ちになれるんですネ.♪

そこが女性から圧倒的な支持がある理由の一つだと思います♪10人中8人が思わず「カワイイ♪」って言われるのも納得です。
そんなやさしい気持ちになれる絨毯なので、「家族の象徴」「家のお守り」として敷かれる方も少なくありません。

ギャッベ・モチーフ

また、小さな子供さんほどギャッベが好き!っていう 声をよく聞きます。

「行かせてるわけでもないのに、気が付くとギャッベの 上に座ってるんです」とか、「夏でも気持ち良さそうに ゴロゴロ転がってます」などなど…。

やっぱり、真っ白な子供ほど、織り子さんたちの“想い” を素直に感じることができるんでしょうか(^_^)

そんな、子供もよろこぶアート・ギャッベです!

オススメ
ギャッベ・モチーフ

たった1枚のギャッベでお部屋のイメージが一変!
たった1枚床に敷くだけでも部屋のイメージを替えるパワーがあります。
でも、一口に敷くといってもいろんなパターンがあり、それぞれで雰囲気や使い方も変わってきます。 

170×240_200×300cmなど大きいサイズ
みんなが座れるゆったりサイズ テーブルを置いて、その周りに座れるぐらいのスペースがほしい時はラグサイズより一回り大きい170×240cmやさらに大きい200×300cmサイズがオススメ♪
おもに140×200cmサイズ
ソファー前のお部屋のアクセントとして お部屋のイメージをちょこっと変えたい、アクセントが欲しいなぁというときにお薦めなのがラグサイズ。

ソファーの前テーブルの下に敷くぐらいの大きさで約140×200cmぐらい。ギャッベの中でも一番種類が豊富なサイズです。

60×90_80×120cmなどのサイズ
お家の顔、玄関に 玄関ベッドの足元、自分だけのお気に入りコーナーに敷いたり♪
40×40_45×45cmなどのミニサイズ
椅子の上のクッションとして 椅子のクッション代わり車のシートにちょうどいい40×40cmぐらいのミニサイズ。

小ぶりのものでしたら、思い切った色使いや大胆な柄物なども使いやすいです♪


5つの秘密

①なんともいえずおしゃれなデザインの秘密
織り子さんは千人近くいるといわれています。 というか、カシュガイ族の女性なら全員織っている生活道具なんです。
自然と共に暮らしている彼女たちは感性が高く、描くデザインもとてもオシャレ♪

②文様の秘密
ギャベに使われている文様には全て意味があります。 例えば、木は「生命の木」といい長寿の願い。動物は「家庭円満」や「幸せ」を祈り、ひし形の文様は「厄除け」を意味します。
また、思わぬところに文様が隠れていたりすることも…

③やさしい色合いの秘密
アート・ギャベの染料は全て草木染です。 「うこん」「ざくろ」「くるみ」「あかねの根」「藍」などで染上げ、時にはヨーグルトを混ぜて微妙なコントラストをつけたりと、どれも優しい色合いで、いつまで見ていても飽きることがありません。
科学染料を一切使ってないので、お肌が敏感な方も安心です。

④夏ヒンヤリ、冬あったかくの秘密
アート・ギャベは、標高2,000メートル以上の高地に生息している山岳羊の毛を使っています。 山岳羊の毛は寒暖の差に耐えられるよう脂分を含んでいるので、夏場はヒンヤリ、サラッと。
冬場はホカホカあたたかいのです♪

⑤汚れをはじいたり、シミになりにくい秘密
羊の毛がもつ脂分が汚れをはじき、しなやかさと光沢感を長く持続します。
また、織りの密度が高いので、ゴミが毛の中に入りにくいのです。

ギャッベ・ネコ